肌の健康を考えた食生活

春は乾燥と花粉による影響でかなり肌荒れがひどくなっていました。
しかし、梅雨の時期になり、湿度が高くなったこともあり、すっかり肌の調子は良くなっています。

このままこの良い肌の状態を保ちたいものですが、四季の移り変わりが激しい日本に住んでいる限り、それは難しいことかもしれません。

それでも肌そのものの体質改善を行っていくことで、肌トラブルがもっとも起こりやすい春の時期の症状も少しは改善出来るのではないかと思っています。

最近肌の健康を意識することが多くなりました。
その為、肌のための食生活を考えて、実践しているところです。

美肌効果のあるものといって、真っ先に思い浮かぶのはコラーゲンでした。
しかし、もっと広い栄養を摂っていかないといけないと思っています。

そのためにも、良質なたんぱく質やビタミンCなどは積極的に摂取していきたいと思っています。
もちろん、栄養のバランスの取れた食生活は大切です。

それでも私はたまにはジャンクフードのようなものが食べたくなることがあります。
毎日食べているわけではないので、たまに食べるくらいなら、それほど肌にも影響がないのではないかと勝手に思っています。

どんなに健康的な食生活でも、あまり型にハマりすぎると、かえって窮屈さを感じてしまいます。
添加物や農薬の少ない食材を選び、できるだけ手作りの食事の方が、心身のためにも良いのだと思います。

しかし、毎日そういった食材を用意するのも大変ですし、その食事が続くのも時には飽きてしまうかもしれません。

いろいろなものを食べるからこそ、それぞれの美味しさが分かるような気がします。
一昔前に比べると、コンビニやスーパーに売っているお弁当やお惣菜の味もかなり良くなったと思います。

その分、企業努力もされているのでしょうが、やはり健康志向が高まっている証拠なのだと思います。

肌に良い食生活を続けていくためにも、無理をしないことが一番です(^。^)。
その為にも、基本は抑えつつ、バラエティー豊かな食事方法を実践していきたいと思っています。