アーカイブ

縄跳びでダイエットになるかと思ったけれど

私はお正月に食べ過ぎて太ってしまいました(^o^;)元の体重に戻さないといけないな、とは思ったのですが、良いダイエット方法が思い付きません。これが春や秋など気候が良いときであればウォーキングでもするところですが、外が寒いとそれをする気になれませんでした。ではどうやって体重を落とそうかと悩んでいたのです(-_-;)

そんな時、子供が家の庭で縄跳びを始めました。学校の宿題になっているようで、毎日のように練習をしています。その様子を見ていると、なかなか続けて跳べなくて苦労しているようです。私は子供の頃、縄跳びは得意だったので子供に教えてあげようと思いました(^-^)v

まずは軽く前跳びをしていたのですが、10回跳んだところでものすごく疲れている自分がいました。昔は100回は余裕で跳べていたのに!と、そのあまりのふがいなさに愕然としたのです( ; ゜Д゜)試しに2重跳びを跳んでみたら、何とか1回は跳べたのですが連続でできません。子供の頃は3重跳びすらできていたというのに。非常に悔しくなりました(>_<)

そこで何とか子供にいいところを見せたくて2重跳びの連続跳びを練習することにしたのです。そして気が付きました。これもダイエットのためのいい運動になるのではないかと(^-^)/

かくして、子供が縄跳びの練習をする横で母がダイエットのための縄跳びをする日々が始まったのです。始めはいいアイディアだと思いました。外が寒くても子供と一緒なら楽しんでできるだろうし、挫折しにくいだろうと考えていたのです。

しかし、どうにも体が重たくてやはり連続で2重跳びなんてできません(ToT)仕方なくまずは前跳びを無難にこなしていこうと思ったのですが、これもやはり続けていくと息切れがしてきて何分も経たないうちにバテてしまうのです。結果的に運動時間はそうでもないのに、休憩時間は多くなるというあまり意味のないものになってしまいました。

運動時間が短いので、当然のようにダイエット効果もいまいちでした。ほとんど体重が落ちなかったのです(。´Д⊂)そのうち子供の宿題も終わってしまい、縄跳びをしなくなったので私もそこでやめてしまいました。

縄跳びは予想外に激しい運動だったようです。続けるのは無理でした(^o^ゞ私にとってはやはり歩くのが一番合っているようなので、地道に頑張ろうと思います。

 

この投稿は2017年3月31日に公開されました。

ダイエット時の停滞期

ダイエットをしているとほぼ必ずやってくるのが停滞期です。自分が思ったとおりに体重が落ちないときがあります。そういうときはひたすら我慢してダイエットを続けるか体重計に乗らないなど工夫が必要になってきます。

私は一年間ダイエットをしてきて、半年くらいしてから停滞期がきました。体重が落ちないのです。それまでは毎日運動を行い、食事も制限してきました。

毎日つけている体重の記録や食べ物などを見ても、体重が落ちるシーズンであるのは間違いなかったのです。

これがうわさの停滞期というやつか、と思いネットで色々調べたのですが、二週間くらいで停滞期が終わり体重がまた順調に落ちる場合もあれば三ヶ月くらい今の体重を維持してしまうときもあるというのですΣ( ̄□ ̄;)ガーン

自分は自制したりすることができず、毎日つけている体重のグラフが徐々に落ちてきるのを見るのが楽しみでそれを支えにダイエットをしてきているのに、それが変動しないしかも三ヶ月も、と思うとダイエットを中断してしまおうかと思いました。

しかし個人差があるんだから私の場合は二週間くらいで抜けるかもしれない、と思いポジティブなほうで捕らえました。
そして食べ物にも気を使い運動も今までどおり行いました。

停滞期を抜けるためにドカ食いをする(一時的に摂取カロリーをアップさせて体にカロリー消費をさせるのだそうです)方法もあるのだそうですが、それは痩せ型の人専用だそうで、当時はまだBMI22以上だった自分にはドカ食いは向いていない方法でした。本当は、体重が減らないことがストレスでドカ食いしたい、というのは本音でしたが、今ここでそれをしてしまっては努力が水の泡になってしまうからです。

結局一ヶ月くらいは体重を維持したままだったのですが、一ヶ月で停滞期から抜け出し徐々にまた体重が落ちてくれるようになりました。三ヶ月も停滞期が続かなくてよかったです。

停滞期って個人差があると思いますが、長ければ長いほど途中でこころが折れそうになりますよね…。そこで自分を信じてダイエットを続けることができるかどうかが、痩せることができるかできないかの分かれ道になるんでしょうね。

 

この投稿は2017年3月26日に公開されました。